エスペランサ登戸

周辺には緑あふれる公園があり、四季折々の豊かな自然環境は穏やかで安らぎのある日々をお届けします。

エスペランサ登戸のホームブログ

エスペランサ登戸より、ホームの日常をご紹介いたします。

■書道教室でひと足早く正月の準備

2017年12月19日

 新しい年はもうすぐそこまで来ていますが、11月23日に開催した書道教室では新年にむけて年賀状を書き上げました。  題材は「戌」「いぬ」「寿」「賀正」など。ふだんの教室では半紙にしたためているのですが、この日ははがきサイズの用紙を用意。  “もう年賀状なんて書くこともなくなってきたわねえ”“平仮名って意外とむずかしいね”“寿の字は案外まとまりよく仕上がるんだよ”といった感想が聞かれました。  このタイミングで先生から“基本である書き順をもう一度おさらいしてみましょう”と助け舟が出されると、皆様それを食い入るように見つめていらっしゃいました。  この日の作品は1階フロアに展示していますので、どうぞご鑑賞下さい。

エスペランサ登戸
副施設長 片岡 正英

エスペランサ登戸の見学資料請求のご希望の方はこちらをご覧下さい
また、見学のご予約や入居についてのご相談につきましては、
下記カスタマーセンターまでお願いします。
0120-546-366(受付時間:9:00-18:00)

■冬の感染防止対策にご協力下さい

2017年12月15日

 秋がすぎ、初冬の到来とともに感染症のシーズンがやってきました。  エスペランサ登戸ではインフルエンザの本格的な流行を前に、感染症の防止対策を始めています。  その対策は多岐にわたっています。まず、ご入居者・スタッフを問わず人が手にふれるもの、①手すりやドアノブ、ベッドサイドレールなどを毎日消毒②全居室に加え食堂など共用部に業務用の大型加湿器を設置③外部からの来館者にはすべてうがい・手洗いを実行してもらう―これらの対策が始まっています。  また、ご入居者・スタッフにはインフルエンザワクチンの予防接種もほぼ終えています。  川崎市など自治体が発するインフルエンザ感染情報をみても、しだいに発症数が広がってきています。ご入居者の健康を守るためにも、皆様のご協力をお願いします。

エスペランサ登戸
副施設長 片岡 正英

エスペランサ登戸の見学資料請求のご希望の方はこちらをご覧下さい
また、見学のご予約や入居についてのご相談につきましては、
下記カスタマーセンターまでお願いします。
0120-546-366(受付時間:9:00-18:00)

■エスペランサ登戸にグループサウンズがやってきた!

2017年11月10日

 昭和の高度経済成長期に青春時代を過ごした方たちならご存知でしょう“ワイルドワンズ”“ザ・スパイダース”“ブルーコメッツ”いずれもなつかしいグループサウンズですね。  そんな音楽が10月8日、エスペランサ登戸に再現しました。近隣でボランティア演奏を続けている“サウンドファジイ”というグループです。  近隣のスタジオで練習を行ってきた彼らですが、はるかに年長のご入居者の皆さまを前にすると、やはり緊張するようです。  それでも『思い出の渚』などおなじみの曲が始まると演奏も滑らかになってきました。また、曲の合間にはサックスやベースなどそれぞれの楽器を単体でも演奏して下さり、音色の違いを実感できました。

エスペランサ登戸
副施設長 片岡 正英

エスペランサ登戸の見学資料請求のご希望の方はこちらをご覧下さい
また、見学のご予約や入居についてのご相談につきましては、
下記カスタマーセンターまでお願いします。
0120-546-366(受付時間:9:00-18:00)

■ハロウィンに50名の園児が来てくれました

2017年11月06日

 いつごろから始まったのでしょうか、ハロウィンの行事はいまや子どもたちにとって年間の大きな楽しみの一つとなっているようです。  10月31日の午前、エスペランサ登戸にはさまざまな衣装で仮装を施した可愛らしい保育園児たちがおおぜい訪ねてくれました。  この日、ホームに来てくれたのは近隣のルミナス保育園とのぼりっこ保育園の園児総勢50名です。子どもたちを出迎えるのもまた大胆な装飾に身を包んだ自慢の入居者様たちです。ホームでは、用意したお菓子の詰合せをご入居者から子どもたちに手渡していただくのですが、その時のご入居者の表情はいずれも弾けるような笑顔です。  短い時間の交流でしたが、園児たち、ご入居の皆さま、ありがとうございました!

エスペランサ登戸
副施設長 片岡 正英

エスペランサ登戸の見学資料請求のご希望の方はこちらをご覧下さい
また、見学のご予約や入居についてのご相談につきましては、
下記カスタマーセンターまでお願いします。
0120-546-366(受付時間:9:00-18:00)

■指ヨガで"マイナス30歳の脳みそ"へ!

2017年10月30日

 ヨガにはさまざまな効果が認められ、年齢を問わず人気が高まっています。しかし高齢者にとっては「動きがハードではないか」「無理な姿勢をとらされるのではないか」「体がついていかないと思う」といった否定的な印象が強く、実施にはハードルが高かったようです。
 しかし今では“指ヨガ”が普及し、車椅子で過ごされる方や、椅子に座ったままで実施したいという方にはうってつけのアイテムです。
 エスペランサ登戸では10月13日、第1回の指ヨガ教室を開催しました。講師はヨガのインストラクターで整体師でもある岩田なおみ先生です。
 岩田先生は「手は脳と緊密に繋がっています」「手を刺激して脳を30歳若返らせましょう」と説き、指や手のひらにたくさん存在する“ツボ”について、対応する身体の諸器官との関係をやさしく解説して下さいました。
 こうしてみっちり1時間、指への刺激だけで体が熱く、そして軽くなりました。
 終了後、ご入居者からは「マイナス30歳って言ったら、私は63歳ね」「体全体がすっきりした」「先生、もっと厳しく、ハードにやってもいいのに」「次回の教室はいつですか、待ち遠しいわ」などの声が上がり、インストラクターの岩田先生からは「みなさんすっごくお元気で、脅威の90歳ですね」「こんなにいい雰囲気の中で指ヨガを指導できたのはちょっと記憶にないです」と賞賛されました。

エスペランサ登戸
副施設長 片岡 正英

エスペランサ登戸の見学資料請求のご希望の方はこちらをご覧下さい
また、見学のご予約や入居についてのご相談につきましては、
下記カスタマーセンターまでお願いします。
0120-546-366(受付時間:9:00-18:00)</p