エスペランサ登戸

周辺には緑あふれる公園があり、四季折々の豊かな自然環境は穏やかで安らぎのある日々をお届けします。

エスペランサ登戸のホームブログ

エスペランサ登戸より、ホームの日常をご紹介いたします。

■不快な梅雨も楽しみに変えていきましょう

2016年06月09日

2016-06-09アジサイ入居者.JPG

 九州・沖縄地方が梅雨入りし、やがてここ関東地方もジメジメした季節が到来します。そんな不快な季節ですが、少しでも楽しく乗り切ろうと、エスペランサ登戸ではこの季節に盛りを迎えるアジサイの花を背景に写真撮影会を行いました。
 ちょうどこの日は訪問理美容サービスに当たり、カットと調髪を終えた方から順に特設スタジオにご案内。ご夫婦で仲良くカメラのファインダーに収まる「カップル」や、普段は見ることのできないお茶目なポーズを披露して下さる入居者様もいて、とてもハッピーな写真撮影会となりました。

エスペランサ登戸
副施設長 片岡正英

エスペランサ登戸の見学資料請求のご希望の方はこちらをご覧下さい
また、見学のご予約や入居についてのご相談につきましては、
下記カスタマーセンターまでお願いします。
0120-546-366(受付時間:9:00-18:00)

■ご近所のバラ苑から招待されました

2016年06月09日

【ローズガーデンの招待状】

 今ごろの時期は公園やご家庭の花壇などいたるところでバラが満開となり、その魅惑的な芳香とあでやかな花弁が道行く人びとをひきつけます。
 ここエスペランサ登戸には、毎年ご近所のご家庭から家庭ローズガーデンへの招待状が届きます。
丹精こめて育て上げたであろうバラの花壇を今年も入居者様とともに見せていただきました。

2016.0609写真1.JPG

 このご家庭の花壇には、ピンク色やクリーム色などさまざまなカラーのバラが咲き誇っております。
また、花壇の奥にはティーラウンジも用意されていて、冷たいお茶をご馳走になり、渇いたのどを潤すことができました。
 色とりどりのバラを背に、カメラに収まる入居者様たち、ちょっと得意そうに見えましたよ。

2016.0609写真2.JPG


エスペランサ登戸

副施設長 片岡正英

エスペランサ登戸の見学資料請求のご希望の方はこちらをご覧下さい
また、見学のご予約や入居についてのご相談につきましては、
下記カスタマーセンターまでお願いします。
0120-546-366(受付時間:9:00-18:00)

■お散歩の途中、コンビニでお買物をお楽しみいただきました

2016年06月09日

真夏日となった5月26日、お散歩の途中でちょっとコンビニに立ち寄り、アイスクリームをお買い上げ。
 あまりに暑かったのか、入居者様が向かったのはアイスクリームのショーケース。

いろいろ目移りしながら迷った結果「これにするわ」と買物カゴを持ってレジへ。
 エスペランサ登戸は、ご入居者がまさにご自分らしく暮らすための「生活の場」です。

ときどきこうしたお買物の機会が必要ですよね。
 この日お買い上げいただいたのは、一口チョコアイスでした。

20160609お買い物1.JPG  20160609お買い物2.JPG

エスペランサ登戸
副施設長 片岡正英

エスペランサ登戸の見学資料請求のご希望の方はこちらをご覧下さい
また、見学のご予約や入居についてのご相談につきましては、
下記カスタマーセンターまでお願いします。
0120-546-366(受付時間:9:00-18:00)

■みんなで兜を折りました

2016年05月16日

2016.5.14写真1.JPG

 端午の節句を迎え、エスペランサ登戸では一階ロビーに武者人形やミニチュア兜、陣羽織などを飾っていますが、先日はレクリエーションの一環として入居者様に兜を折っていただきました。
 ご用意した新聞紙を前に、最初は折り方がわからずに「次はどう折るんだっけ?」などと戸惑っていた入居者様も、しだいに遠い昔の記憶が蘇ってこられたようで「そうだ!」「つぎはこうよね!」と驚くほど手早く折って下さいました。
そして手作りの兜を頭に載せ、カメラに収まっていただきました。

2016.5.14写真2.JPG

エスペランサ登戸
副施設長 片岡 正英

エスペランサ登戸の見学資料請求のご希望の方はこちらをご覧下さい
また、見学のご予約や入居についてのご相談につきましては、
下記カスタマーセンターまでお願いします。
0120-546-366(受付時間:9:00-18:00)

『音楽療法』で心も体も健康に

2016年04月29日

2016.4.29音楽療法.JPG  2016.4.29ふるさと.JPG

 4月25日の午後、施設の一階ホールは音楽教室と化したようです。冒頭は4月(=卯月)が盛りである卯の花に実際に触れて愛でることから始まりました。
 音楽療法は、ただ単に曲を聴いたり歌ったりするだけではありません。
冒頭に卯の花を観賞したように視覚・嗅覚で季節を感じ、音楽も聴覚を研ぎ澄ますだけでなく、手足・口・声帯と、まさに五感と全身をフル稼働させ、さらには眠っていた記憶や、喜び・笑いなど感情さえもゆり動かします。
 「これを歌ったあとに紅白饅頭をもらったわね」(天長節)「卯の花って初めて。ちっちゃくて可愛いわね」(夏は来ぬ)「これ、滝廉太郎の曲だよね」(花)「外人墓地でデートをしたっけな?」(港の見える丘)
 こんなふうに、ひとつの曲からお一人お一人に固有のはるかな遠い思い出が蘇ってきたようです。
 この日は8曲を合唱・合奏・パート分けなど色んなパターンで楽しみました。中でも「花」は、ハンドベルを取り入れての合唱でしたが、ぶっつけ本番とは思えないほどのよい音色でした。

エスペランサ登戸
副施設長 片岡 正英

エスペランサ登戸の見学資料請求のご希望の方はこちらをご覧下さい
また、見学のご予約や入居についてのご相談につきましては、
下記カスタマーセンターまでお願いします。
0120-546-366(受付時間:9:00-18:00)